中国茶に音楽、新鮮体験いろいろ。
旅の拠点にしたいゲストハウス

中国茶に音楽、
新鮮体験いろいろ。
旅の拠点にしたい
ゲストハウス
中国茶に音楽、新鮮体験いろいろ。旅の拠点にしたいゲストハウス

ゲストハウスで見つける、香川の魅力と旅の楽しみ

ゲストハウスで見つける、香川の魅力と旅の楽しみ

海の見えるモダンなカフェで、讃岐の伝統工芸と食文化を学び楽しむ。

紺屋町ゲストハウス久々(kuku)

こんやまちげすとはうすくく


商店街や駅にも近く長期滞在もできるゲストハウスがこの「久々(kuku)」です。  店名には、長く続けたいということから、幾久しくの「久」、リピーターを大事にしたいということから「久々(ひさびさ)」に再会したいという、オーナーの山本さんの思いがこめられています。一般的なゲストハウスは相部屋仕様のドミトリータイプですが、こちらはファミリーでも使える個室タイプがメイン。4人まで滞在できる個室2室の他に、ワークスペースのついたドミトリーもあります。4階にはランドリーも設置されているので、ここを拠点にして暮らすように旅ができます。
 山本さんは中国語が堪能で、英語での対応もしてくれます。中国茶の知識も豊富で、山本さんによる中国茶のお手前体験や、アドバイスを受けて自分で淹れることもできます。高松の伝統的織物の保多織を使った中国茶野点「香茶里」セットの販売などもあり、高松の人気洋食店「アガペ」の店主から譲り受けた、洋楽中心のレコードコレクションも音楽好きには見逃せないでしょう。好きなものを聞くことができるので、音楽で旅の疲れを癒してみては。地元工芸品のワークショップを開催したり季節に合ったさまざまなイベント・ツアーの企画もあるので、香川県民でも知らないようなディープな香川を楽しめるスポットです。

体験してみて感じたコト

1階は、映画の世界にきたような感じもする不思議な空間。客室は、大勢でワイワイできる感じです。中国茶の淹れ方が日本茶とは全然違うことや、思ったよりも飲みやすいことにも驚きました。オーナー山本さんは気さくな人柄で話しやすく、実家に帰ったような安心感があります。いろんなことをご存知なので、長く泊まっていろいろお話を聞きたくなりました。

体験を通して伝えたいコト

旅を通じて、「食」「工芸品」「アート」などさまざまなジャンルで香川の魅力を感じてほしいです。ここを訪れることが、香川に何度も訪れるきっかけになればいいと思っています。

ミドル世代には懐かしく、若い世代には新鮮なレコードコレクション。

ミドル世代には懐かしく、若い世代には新鮮なレコードコレクション。

山本さんの中国茶お点前体験は1~4名まで1万円、自分で淹れる場合は1,500円。

山本さんの中国茶お点前体験は1~4名まで1万円、自分で淹れる場合は1,500円。

個室はミニキッチン付きなので、朝食など簡単な料理もできます。

個室はミニキッチン付きなので、朝食など簡単な料理もできます。

個室は最大4人収容。ファミリーやグループでワイワイやれば旅の楽しみもアップ!

個室は最大4人収容。ファミリーやグループでワイワイやれば旅の楽しみもアップ!

基本情報
店舗名 紺屋町ゲストハウス久々
ご予約 要事前予約
キャンセルについて 5日前から50%、2日前から80%、当日100%
住所 〒760-0027 香川県高松市紺屋町3-13
お問い合わせ先 087-887-5665
090−1008−0027(紺屋町コトマス 山本 )
公式サイト https://kuku81.com/
担当者 山本梨沙さん
最少催行人数 1名
体験可能な方 小学生以上
所用時間 チェックイン16:00~22:00
チェックアウト~10:00
料金 個室(4名まで)1泊20,000円
女性ドミトリー(専用ワークスペース付き)と男女混合ドミトリー(専用ワークスペース付き)1泊5,000円
料金に含まれるもの 宿泊料、消費税
持参するもの 特になし
集合場所 現地
利用可能なカードの種類 VISA、JCB、mastercard
備考
周辺情報

体験型産業観光情報の紹介